アンドロゲンレセプターの働き

アンドロゲンレセプターとは

アンドロゲンレセプターとは、AGA(男性型脱毛症)の元凶である男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を受け取る受容体のことで、男性ホルモン受容体とも呼ばれています。

アンドロゲンレセプター

男性の場合、睾丸や副腎から分泌される男性ホルモン(テストステロン)は還元酵素5αリダクターゼと結びついてDHTに変換されます。

DHTは、毛乳頭細胞に存在するアンドロゲンレセプター(AR:男性ホルモン受容体)と反応することで脱毛因子を産出します。

従って、このアンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほどAGAを発症するリスクが高くなります。

この感受性の強さは遺伝にも関係していると考えられており、禿げやすい人は感受性の強いアンドロゲンレセプターを遺伝により引き継ぐと考えられています。

アンドロゲンレセプターに関する遺伝子はX染色体に存在しています。

男性の性染色体はXYであり、X染色体を母親から、Y染色体を父親から受け継ぎますので、感受性の強いアンドロゲンレセプターは、母方から遺伝すると考えられています。

ですので、母方の父親が薄毛の場合はアンドロゲンレセプターの変異が遺伝している可能性があります。

AGA遺伝子検査の中には、アンドロゲンレセプター遺伝子のDNA塩基を調べることができるものもあります。

この検査によりAGAになりやすい体質かどうか検査することができ、その後の対策を講じることが可能となります。

アンドロゲンレセプターの働き

アンドロゲンレセプターは、体内で男性ホルモンの情報を受け取り、細胞内で利用できるように変換する機関です。

AGAにおいて、アンドロゲンレセプターはDHTと吸着することでTGF-βと言われる増殖抑制因子(脱毛因子)に変化します。

毛乳頭は、TGF-βから髪の毛の成長を抑制する命令を受けとると、髪の毛の成長をストップさせるよう毛母細胞に働きかけます。

後頭部や側頭部が禿げない理由

アンドロゲンレセプターは、頭部では前頭部、頭頂部の毛乳頭細胞には存在しますが、後頭部の毛乳頭細胞には存在しません。

AGAを発症した場合でも後頭部が禿げない理由の一つは、このアンドロゲンレセプターが後頭部に存在しないためです。

男性の育毛剤 ランキング

関連記事

個人輸入の利用

個人輸入とは 個人輸入という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。 個人輸入とは、「自分

記事を読む

個人輸入の流れ

個人輸入の流れ 海外の通販会社やメーカーと個人で直接やり取りをする場合は、言葉の壁や送金手続きの面

記事を読む

テストステロンの働き

テストステロンとは 男性ホルモンには幾つかの種類がありますが、テストステロンは、男性に多く分泌され

記事を読む

FGF-5を抑制して脱毛予防

FGF-5とは? FGF-5とは、もともと人間の体内にある因子でタンパク質の一種です。 FG

記事を読む

DHT(ジヒドロテストステロン)の働き

DHT(ジヒドロテストステロン)とは? 薄毛や抜け毛でお悩みの方は一度は目にしたことがあると思われ

記事を読む

個人輸入のよくあるトラブル

個人輸入におけるトラブル 海外の通販会社やメーカーと個人で直接やり取りをする場合は、言葉の壁や送金

記事を読む

5αリダクターゼの働き

5αリダクターゼ(酵素)は、人体に存在する酵素の一種です。 男性型脱毛症(AGA)の原因物質でもあ

記事を読む

AGAは早めの対策が重要

手遅れにならないうちにAGA対策を AGA対策は早目の対策が重要ということを耳にしたことがあると思

記事を読む

遺伝子検査(AGA検査)

近年、遺伝子検査というものをよく耳にするようになりました。 遺伝子検査とは、DNAの情報を読み

記事を読む

AGAに効果が期待できる育毛剤

日本の成人男性の3人に一人の実に1300万人の人が、薄毛や禿げ(ハゲ)で悩んでいるといわれています。

記事を読む

PAGE TOP ↑