脱毛症の種類

脱毛症の種類

脱毛症には主に次のようなものがあります。

AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症とは、「Andro Genetic Alopecia」の略です。このサイトに訪れる人であれば、テレビのCMや雑誌、インターネットなどで目にしたことがあると思います。成人男性に多く見られる脱毛症で、男性ホルモンや遺伝が大きく関係していると言われています。

男性の薄毛の90%以上がこのAGAが原因と考えられています。特に、20~30代でこの症状が現れた場合を「若年性脱毛症」と呼び、30~40代でこの症状が現れた場合を「壮年性脱毛症」と呼ぶこともあります。

発症するメカニズムは殆ど解明されており、殆どの男性用の育毛剤や育毛サプリメントにはそれに対抗した成分を含んでいます。

FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGA(女性男性型脱毛症)とは、「Female Andro Genetic Alopecia」の略です。男性型脱毛症(AGA)の女性版で、別名「びまん性脱毛症」とも呼ばれています。女性にみられる脱毛症の代表的な症状で、頭髪が全体的に薄くなるのが特徴です。

加齢や閉経、ストレスや無理なダイエットなどでホルモンバランスを崩して体内で男性ホルモンが女性ホルモンより優位になると男性のAGAと同じような現象が起こり、発症してしまうと考えられています。

※女性男性型脱毛症(FAGA)とびまん性脱毛症は別の脱毛症として捉えられている場合もありますが当サイトでは同じものとして解説しています。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症(産後脱毛症)とは、女性特有の脱毛症で、出産後に抜け毛が増えてしまう脱毛症のことです。出産後、一時的に抜け毛が多くなったり、髪が痩せるなどして髪が薄くなったりします。出産経験者の半数以上が発症すると言われています。

原因は、妊娠中は、体内で女性ホルモンの一つである黄体ホルモン「プロゲステロン」が活発になり、その影響で本来抜けるべき髪の毛が成長を続け、抜け毛が抑えられますが、出産して妊娠が終わると急激にプロゲステロンの分泌が減るためホルモンのバランスが変化し成長していた髪の毛が一気に抜け落ちてしまうことにあります。

女性ホルモン以外にも、慣れない子育てによるストレスや授乳や赤ちゃんの世話などにより睡眠時間が少なかったり、食事が十分に摂れていなかったりすることも産後の抜け毛に影響してしまいます。

分娩後脱毛症はいつまでも続くわけではありません。一般的には、出産後1年程で元に戻る場合が多いと言われています。

円形脱毛症

円形脱毛症も認知度が高いため、聞いたことがあると思います。円形脱毛症は加齢などとは関係なく、老若男女問わず、どんな人でもかかる可能性のある脱毛症です。遺伝性もあると考えられています。

10円玉~500円玉程度の大きさの脱毛が突然起こってしまう自己免疫病のひとつで、強いストレスや自己免疫疾患、アレルギーなどが原因と考えられています。

その原因の最も有力な説は、自己免疫疾患によるものです。

自己免疫疾患とは、外部からの侵入物を攻撃する免疫系機能に異常が生じ、自分の体の一部分を敵とみなして攻撃を繰り返してしまう病気です。

自己免疫疾患による説は、敵とみなされて攻撃された頭髪の細胞が損傷を受け、部分的に脱毛してしまうという説です。

自己免疫疾患も精神的ストレスや遺伝が原因の一つと考えられています。程度の軽いものであれば、自然に治る場合が多いのが特徴です。

円形脱毛症の種類と対策

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、髪の毛を引っ張ることによって髪の毛が抜けてしまう症状です。髪の毛は、強く引っ張れば抜けますが、一度引っ張って抜けるような強い力でなくても、少しずつ毛根に負担をかけるような力で長時間継続的に引っ張り続けることで毛根が弱ってしまい、やがて抜け落ちてしまいます。

ポニーテールやカチューシャなどで長い間、髪の毛を引っ張って縛ったりたりすることで起こり得る脱毛症です。稀ですが、これは男性にも見られる症状です。 通常は、引っ張ることを止めることにより徐々に改善していきます。

批糠(ひこう)性脱毛症

批糠性脱毛症は、乾燥したフケ(古い角質)が原因で発症する脱毛症です。アレルギー体質などでシャンプーや整髪剤があわなかったりすすぎが不十分であったりしてフケ(古い角質)が毛穴を塞ぐことで、バイ菌(皮膚常在菌)が異常繁殖し、炎症を起こし、脱毛を起こしたり髪の毛が成長できなくなります。

その他の原因としては主にホルモンバランスの乱れなどが原因と考えられています。フケや角質を取り去ろうとシャンプー等で過度に洗髪しようとするとかえって余計な刺激となり、頭皮の炎症を増長させてしまいかねません。

シャンプーが合ってない場合もありますので刺激が少なく頭皮に優しいシャンプーを使用するなど頭皮のケアを見直すことも必要です。

脂漏(しろう)性脱毛症

脂漏性脱毛症とは、頭皮から分泌される皮脂が過剰となり、皮脂が毛穴を塞いで常在菌が異常繁殖し、炎症を起こして脱毛する脱毛症です。

抜けた毛根の先に白い皮脂が付着している場合が見られます。一般的にホルモンの作用によるものが主な原因と考えられています。

批糠性脱毛症と同じく、皮脂を取り去ろうと過度なシャンプーをするとかえって余計な刺激となりますので、刺激が少なく頭皮に優しいシャンプーを使用してしっかりシャンプーをするなど頭皮のケアを見直すことも必要です。

抜毛症

抜毛症はトリコチロマニアや禿頭病とも言われていて、正常な髪の毛や体毛を引き抜いてしまう癖によって脱毛斑が出現する精神疾患です。

炎症や男性ホルモンが原因で抜け落ちるのではなく、自ら健康な髪の毛を強迫的に抜いてしまうという精神疾患です。特に女性に多く発症するようです。

一種の癖のようなものですが、心の病い的な部分があり、自力でこの癖をやめるのが困難な場合は、心理カウンセリングや精神神経科での治療を必要とします。

脱毛症と育毛剤

これらの脱毛症のうちの大半を占めるAGA(男性型脱毛症)、FAGA(女性男性型脱毛症)、分娩後脱毛症については、それぞれの原因に対抗した成分を含んだ育毛剤が多く出ていますので利用することで効果が期待できます。

育毛剤ランキング

育毛サプリメント ランキング

関連記事

薄毛のリスクを高める喫煙

タバコは、百害あって一利無しと言われていることから、漠然と健康には悪いということはわかっていますが、

記事を読む

目を酷使すると生え際が後退する?

眼精疲労と薄毛の関係 実は、眼精疲労(目の酷使)は薄毛に関係があると考えられています。

記事を読む

短くて細い抜け毛はAGAのサイン

髪の毛は1本の髪がずっと生え続けている訳ではなく、髪の毛独自の周期(ヘアサイクル)で抜けては生えるを

記事を読む

髪を太くする方法

髪の毛の太さ 髪の毛の太さは、民族や性別、年齢などによって異なります。 日本人の平均的な髪の

記事を読む

生え際が薄毛になる原因

何故生え際は薄毛になりやすいか AGA(男性型脱毛症)には、 ・前頭部生え際部分が後退してい

記事を読む

円形脱毛症の種類と対策

円形脱毛症の種類 円形脱毛症とは、一般的に10円ハゲ、500円ハゲと言われるように、10円玉大の脱

記事を読む

薄毛を招く頭皮の糖化

育毛・発毛を妨げる原因の一つとして「頭皮の糖化現象」が考えられています。 近年は、老化現象の進

記事を読む

男性の薄毛の原因

男性の薄毛のタイプ 薄毛とは、髪の毛の量が減ったり髪の毛がやせ細り、頭皮が見えてしまう状態のことを

記事を読む

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の特徴 女性の場合は、男性と異なり、頭頂部や生え際など部分的な薄毛が進行するというよりも

記事を読む

フケは抜け毛・薄毛のサイン?:原因と対策

フケの原因 地肌トラブルの中で、大きな悩みのひとつにフケがあります。 フケは育毛にも悪影響を

記事を読む

男性用育毛剤
イクオス
イクオスの実力

育毛剤イクオスは、大幅なリニューアルを実施し、大きな進化を

女性用育毛剤
ベルタ育毛剤
ベルタ育毛剤の実力

ベルタ育毛剤は、BELTAブランドから発売されている女性専用

育毛サプリメント
イクオスサプリEXの実力
イクオスサプリEXの実力

イクオスサプリEXは、株式会社キーリーから

PAGE TOP ↑