育毛剤の選び方

育毛剤や育毛サプリメント選びは以下の点がポイントとなります。

自分の薄毛の原因にあった成分を配合する育毛剤

当サイトでは、
・男性の場合は、遺伝や加齢などによるAGA(男性型脱毛症)が原因で薄毛・抜け毛・細毛が進行している方
・女性の場合は、加齢やストレス、ダイエットなどによるホルモンバランスの乱れにより薄毛・抜け毛・細毛が進行している方
に焦点をあわせていますので、円形脱毛症やその他の病気などによる脱毛症などの育毛剤として選択する場合は他の育毛剤に劣る可能性があります。

的外れな対策で時間とお金を浪費してしまわないよう、まずは自分の薄毛や抜け毛の原因を理解し、その原因にアプローチする育毛剤や育毛サプリメントを選択することが大前提となります。

現在は薄毛の原因がAGAによるものか否かを判定するAGA遺伝子検査というものもあるのでそういったものを活用するのもいいかもしれません。

成分+浸透力重視

自分の薄毛の原因に有効に働きかける優れた成分を含んでいることが育毛剤選びの第一条件になりますが、さらに、その成分が頭皮の奥まで浸透するかどうかも重要なポイントになります。

自分の薄毛の原因に合った配合成分と浸透力の両輪があってはじめて自分にあった優れた育毛剤ということができます。

また、育毛成分を着実に体内に届ける育毛剤としては飲む育毛剤と言われる育毛サプリメントの活用もおすすめです。

当サイトでは、配合成分と浸透力を徹底リサーチし、独自の基準で比較して男性・女性別の育毛剤のランキング、及び、育毛サプリメントのランキングに反映しています。

安心・安全な育毛剤

育毛剤によっては、頭皮トラブルへ発展する場合があり、折角の育毛も逆の結果となる場合があります。アルコールを配合する育毛剤も多いため敏感肌、アレルギーの方は注意しなければなりません。

アルコールは、成分表でエタノールフェノキシエタノールなどと表示されています。

また、防腐剤や不要な添加物が入った育毛剤も多く見受けられ、これらは頭皮に悪影響を与える可能性がありますのでしっかり確認することをおすすめします。防腐剤は、成分表でパラベンフェノキシエタノール安息香酸Naなどと表示されています。

これらの成分は、商品の品質を保持する目的で配合されていますので、それなりに意味はあるのですが、大量に配合してあるものは注意しなければなりません。

医薬部外品扱いではない成分表は、全成分を配合量の多い順に記載しなければならないルールがありますので、成分表の前の方にこれらの成分があれば要注意ということになります。後方に記載されていればさほど神経質になる必要はありません。

特に妊娠中の方や出産後の方は赤ちゃんへの影響を意識する必要があります。

育毛は長期戦です。長期に渡り、育毛剤を頭皮へ塗布する場合は浸透・蓄積の作用は侮れません。長期間使用しても体へ悪影響のないものを選ぶことが大切です。

CMなどで有名な育毛剤

テレビなどのCMで有名な育毛剤は優れた育毛剤かというとそうとは限りません。

CMでの露出度が高いため、楽天市場などでの販売本数はランキング上位になりますが、実際の効果は販売本数や人気に比例するとは限らないのが実情です。

尚、CMなどに膨大な広告費をかけた分はしっかり消費者から回収されます。

育毛剤に無駄なコストをかけたくなければ、その商品の過度な広告だけにとらわれず、配合されている成分やその効果の出るメカニズム、評判や口コミなどを自分の目でしっかり確認することが重要です。

実際、同じような成分を配合している商品でもメーカーや業者によって商品の紹介(広告)の仕方や販売価格が全く異なったりします。

当サイトでは、口コミや人気を徹底リサーチし、独自の基準で比較しています。

3ヶ月使用してから結論を出す

育毛剤や育毛サプリメントには即効性がありません。自分にあった育毛剤かどうかの結論を出すには、特に支障がない限り3ヶ月は使用してみる必要があります。

髪の毛は1ヶ月に1センチ伸びると言われていますが、これはヘアサイクルの成長期にある健康な髪の場合です。産毛など発毛初期段階にある髪の毛は1ヶ月で1ミリ程度しか伸びないとも言われていますし、生え際の髪の毛も成長が遅いと言われています。頭皮の中で育っている髪もしかりです。

頭皮の奥から育ってくる髪の毛が頭皮から顔を出して「生えている」と確認できるようになるまでは、数ヶ月を要しますし、ツンツンと「産毛が育ってきた」と実感できるようになるまでにもさらに数ヶ月を要します。

3ヶ月間様子を見て、全く変化が感じなければ育毛剤の切り替えを検討、少しでも効果が確認できれば半年間使ってみることをお勧めします。

育毛剤のランニングコストも、1本単体ではなく3ヶ月という期間で割り出す必要があります。極力コストを抑えたい場合は、まとめ買いや定期購入を利用した方がお得な場合があります。

特に定期購入の場合は、チャップアップやイクオスといった育毛剤のように育毛サプリメントを付属するものが増えてきています。

育毛サプリメントを併用すると身体の外と中から育毛にアプローチすることができ、相乗効果が期待できます。

育毛剤選びのポイント

これらのことからも、育毛剤選びは、
自分の薄毛の原因にあった有効成分を配合した
浸透力のある育毛剤

3ヶ月間使用してみる
ことがポイントとなります。

当サイトでは、配合成分、浸透力、口コミや評判、コストパフォーマンスなどを総合的に判断し、男女別におすすめ育毛剤を厳選し、ランキング形式でご紹介しています。

関連記事

生え際に効果的な育毛剤

生え際の薄毛 生え際の薄毛とは、おでこの中心部分を残して左右の生え際部分の髪が薄くなっていく症状で

記事を読む

シャンプーと育毛剤の相性

育毛剤の有効性はその効果をもたらす成分が頭皮内へ浸透、あるいは頭皮の奥底の真皮層にある毛乳頭や毛母細

記事を読む

化粧品扱いの育毛剤が人気の理由

ネットで販売されている育毛関連商品には、育毛剤〇〇とか薬用育毛剤〇〇といった表現のものや、育毛スカル

記事を読む

AGAに効果が期待できる育毛剤

日本の成人男性の3人に一人の実に1300万人の人が、薄毛や禿げ(ハゲ)で悩んでいるといわれています。

記事を読む

育毛剤を使用する際の注意点

育毛剤の使用期間 頭皮の中で髪が育ち、頭皮から髪の毛が生えてくるまでには、数ヶ月(一般的には最低3

記事を読む

産後の薄毛に効果が期待できる育毛剤

女性の脱毛症の一つに分娩後脱毛症という脱毛症があります。 出産後、一時的に髪が抜ける脱毛症

記事を読む

育毛剤の種類(タイプ)

育毛剤は広義では、 ・頭皮に塗布するタイプの育毛剤と ・栄養補助食品として飲むタイプの育毛サプリ

記事を読む

医薬品・医薬部外品・化粧品

医薬品、医薬部外品、化粧品については、その内容が日本の薬機法(旧薬事法)で定められています。 医薬

記事を読む

浸透力の高い育毛剤

育毛剤の評価の一つに浸透力があります。 いくら優れた育毛成分を配合していても、その成分が届くべ

記事を読む

育毛剤の副作用

現在、ネットや薬局・薬店などで販売されている国内製造の育毛剤は、一部の製品を除き、育毛成分として、で

記事を読む

男性用育毛剤
イクオス
イクオスの実力

育毛剤イクオスは、大幅なリニューアルを実施し、大きな進化を

女性用育毛剤
ベルタ育毛剤
ベルタ育毛剤の実力

ベルタ育毛剤は、BELTAブランドから発売されている女性専用

育毛サプリメント
イクオスサプリEXの実力
イクオスサプリEXの実力

イクオスサプリEXは、株式会社キーリーから

PAGE TOP ↑