髪を太くする方法

髪の毛の太さ

髪の毛の太さは、民族や性別、年齢などによって異なります。

日本人の平均的な髪の太さは0.07mmから0.1mmといわれており、白人のおよそ1.5倍の太さがあると言われています。

また、髪の毛の太さには個人差もあり、同じ人でも頭の場所によって異なります。一般的には、後頭部と側頭部の髪の毛は太く、頭頂部と前頭部の髪の毛は細くなります。

構造的には、髪の毛の太さは、コルテックスの量で決まると言われています。

髪の構造(断面図)

髪の毛の太さは、遺伝によってある程度決まっています。

AGA(男性型脱毛症)などを発症して細くなっている場合を除いて、劇的に太くなるということは殆どないと考えられています。

髪を太くする方法

髪の毛を太くしたいと考えている方には、
生まれつき髪の毛が細い方と、
AGAや加齢などで髪の毛がやせ細ってきた方
の二通りの方がいると思いますが、二つのケースで髪を太くする方法は変わってきます。

生まれつき髪の毛が細い場合

生まれつき髪の毛が細い場合は、遺伝によって受け継がれた髪の太さとなりますので髪質はその後大きく変化することは殆ど期待できないと考えられています。

ただ、生まれつき髪の毛が細いからと諦めている人でも実際は栄養不足や生活習慣などで慢性的に細くなっている場合もあり、対策を講じることで太くなる場合もありますので諦めずにトライしてみてもいいと思います。

育毛シャンプー・育毛剤の活用

日頃使っているシャンプーをスカルプシャンプー・育毛シャンプーというものに変えてみるのもおすすめです。高級アルコール系洗浄成分や不要な添加物などが配合されているシャンプーを使い続けることで本来の髪の太さを損なっている可能性があります。

アシャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分で、できるだけ天然成分を使った無添加のシャンプーを使うことをおすすめします。

最も手っ取り早いのが、ボリュームアップシャンプーと言われるスカルプシャンプーや育毛剤・育毛トニックなどを活用することです。

配合されている成分で一時的に髪の毛を太くしたり、髪の毛にボリュームを持たせたりすることが可能です。但し、ボリュームアップシャンプーの場合は、ボリュームアップ機能を重視するあまり、配合されている成分が頭皮に悪影響を及ぼす場合があります。

頭皮に悪影響を与えない成分で構成されるボリュームアップシャンプーを選ぶようにしましょう。

また、お風呂上りに塗布する育毛剤や育毛トニックが翌日の髪のボリューム・太さに大きな影響を与えることはこれらを使用したことがある方ならだれもが経験していることだと思います。使ったシャンプーや自分の肌(乾燥肌・オイリー肌)との相性もありますので一概にどの育毛剤や育毛トニックがいいとは言えませんが、いくつか試しているうちにしっくりくるものが出てきますので色々と試してみるのもいいでしょう。

頭皮マッサージの習慣化

花王株式会社の実験によれば、6カ月間(1日3回)の頭皮マッサージにより、毛髪の密度が約6%増加し、ハリとコシの弾力係数が上昇したという報告もあります。

髪の毛を太くしてハリとコシのアップを図りたいといった場合は、頭皮マッサージは効果が期待できます。

有酸素運動の習慣化

有酸素運動には健康増進だけでなく、育毛にも様々な効果があると考えられています。

血行の促進はその代表的なものですが、その他にも、毛細血管を活性化して毛細血管そのものを増やす作用や発汗によるDHTの排出などの効果が期待できます。

有酸素運動は、質のいい睡眠を誘導し、ストレスの解消や自律神経の乱れを改善することにも有効に働きかけます女性に多いホルモンバランスの乱れによる薄毛にも有効と考えられています。

髪を太くする成分を摂りいれる

栄養不足により髪がやせ細っている場合もあります。

バランスのとれた食事を意識することに加え、髪の毛の太くする成分として、コラーゲンや亜鉛、イソフラボン、ケラチン、ミレットエキス、ビオチンなどが効果的な成分とされていますのでこれらを積極的に摂取するように心がけます。これらの成分は優秀な育毛サプリメントの多くに配合されています。

特にコラーゲンは、アメリカの研究機関で行われた実験で、毎日14gのコラーゲンを2ヶ月間に渡って摂取し続けたところ、摂取前に比べて毛髪がおよそ10%も太くなったという研究結果が報告されています。

AGAや加齢などで髪の毛がやせ細ってきた場合

加齢で髪の毛が細くなってきた場合

歳をとってくると、身体のあらゆる細胞が老化し、髪の毛の製造においても若い頃のように活発な活動は行わなくなります。このように、単に加齢で髪の毛がやせ細ってきた場合は、生まれつき髪の毛が細い場合と同様、髪の毛の製造活動を活発化すべく、血行の促進、栄養の補給を十分に意識した生活を行う必要があります。

AGAなどで髪の毛が細くなってきた場合

男性のAGA(男性型脱毛症)や女性の場合のホルモンバランスの乱れなどで髪の毛が細くなってきている場合は、その原因を一刻も早く取り除いてやることが先決です。

特に、男性のAGAの場合は、日常生活や食生活の改善だけでは、AGAの進行は止まりません。育毛剤や育毛サプリメントなどでしっかりした対策が必要ですし、進行が進んでいる場合は、AGA治療や植毛などに頼るしかなくなります。

おすすめ育毛剤 ランキング

これに対して、女性の薄毛(細毛)の場合は、ホルモンバランスの乱れによる場合が殆んどといわれており、この場合は、男性のAGAとは異なり、規則正しい生活、食習慣、適度な運動などで比較的簡単に本来の太い髪の毛を取り戻すことが可能と言われています。

おすすめ育毛剤 ランキング 女性用

関連記事

脱毛症の種類

脱毛症の種類 脱毛症には主に次のようなものがあります。 AGA(男性型脱毛症) AGA(男性型

記事を読む

成長因子で発毛促進

成長因子とは? 成長因子とは、細胞分裂や細胞増殖をコントロールするタンパク質の一種です。細胞増殖因

記事を読む

ヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクルとは? 毎日少しずつ成長している髪ですが、髪の毛にも寿命があります。 髪の毛は、

記事を読む

フケは抜け毛・薄毛のサイン?:原因と対策

フケの原因 地肌トラブルの中で、大きな悩みのひとつにフケがあります。 フケは育毛にも悪影響を

記事を読む

短くて細い抜け毛はAGAのサイン

髪の毛は1本の髪がずっと生え続けている訳ではなく、髪の毛独自の周期(ヘアサイクル)で抜けては生えるを

記事を読む

薄毛のリスクを高める喫煙

タバコは、百害あって一利無しと言われていることから、漠然と健康には悪いということはわかっていますが、

記事を読む

毛乳頭の働き

毛乳頭の働き 毛乳頭は、髪の毛の付け根部分に位置し頭皮を張り巡らす毛細血管と直接接しています。

記事を読む

育毛・発毛に効果的なツボ

ツボは、東洋医学で「経穴(けいけつ)」と呼ばれており、「気」と「血」が循環する通り道である経絡上にあ

記事を読む

髪の基礎知識

髪の成分 髪の毛は、皮膚の一部が変化したもので、皮膚や爪と同じケラチンというたんぱく質で構成されて

記事を読む

髪が細くなる習慣を止める

薄毛・細毛の人は、髪の毛を太く元気にしたいという願望があると思われます。 髪の毛を太くしたい場

記事を読む

男性用育毛剤
イクオス
イクオスの実力

育毛剤イクオスは、大幅なリニューアルを実施し、大きな進化を

女性用育毛剤
ベルタ育毛剤
ベルタ育毛剤の実力

ベルタ育毛剤は、BELTAブランドから発売されている女性専用

育毛サプリメント
イクオスサプリEXの実力
イクオスサプリEXの実力

イクオスサプリEXは、株式会社キーリーから

PAGE TOP ↑