化粧品扱いの育毛剤が人気の理由

ネットで販売されている育毛関連商品には、育毛剤〇〇とか薬用育毛剤〇〇といった表現のものや、育毛スカルプエッセンス〇〇といった表現の育毛商品があります。

私たちは、通常、特に意識することなく育毛に作用する商品を全般的に「育毛剤」と呼んでいますが、厳密には「育毛剤」や「薬用〇〇」などと表記することができるのは、定められた範囲内の成分・配合濃度を守り、申請して医薬部外品として認められたものでなければなりません。

医薬部外品の育毛剤

医薬部外品の育毛剤とは、定められた範囲内の成分で配合濃度を守り、厚生労働省認可に申請して医薬部外品として認められた育毛剤です。

薬用育毛剤〇〇」「育毛剤〇〇」などと表記することが可能になり、効果効能を謳うことが認められています。

一般的には育毛剤○○、薬用育毛剤〇〇といった表現にした方が「薬」という文字があって信頼性が高そうに感じます。

効果がありそうで販売数・売上にも影響するとあって、メーカーも医薬部外品としての育毛剤の開発を積極的に行っています。

しかし、医薬部外品扱いの育毛剤は、効果効能が認められた成分を配合しており、育毛促進、抜け毛予防といった効果が期待できる反面、裏をかえせば、厚生労働省で定められた範囲内の成分で配合濃度を守るという制約があります。

そのため、いくら育毛に効果があると考えられる成分を発見または開発しても、それらの制約を受けて医薬部外品扱いとしては世にの中に出せないという事態が起こります。

育毛・発毛、抜け毛予防などに効果があると考えられる成分は日進月歩で開発・発見されていますが、厚生労働省が認可して薬用育毛剤として配合できるようになるまでには長い年月がかかってしまうのが現状です。

このため、最近では、メーカーで発見・開発した効果が期待できる成分を配合するために、医薬部外品としてではなく、あえて化粧品グレードで育毛剤を開発・販売するメーカーも増えてきています

化粧品グレードの育毛剤

化粧品グレードであれば、「薬用育毛剤〇〇」「育毛剤〇〇」といった表現ができない代わりに、使用が禁止されている成分を除いてメーカーがその責任において自由に成分を配合することができます。

このような化粧品グレード(扱い)の育毛剤は、最近では「育毛スカルプエッセンス」といった表現で販売されています。

育毛スカルプエッセンスには、医薬部外品扱いの育毛剤には配合できない最新の育毛成分を配合することができます。

最新の育毛成分として注目を浴びている
キャピキシル
ピディオキシジル
成長因子(グロースファクター)
といったものも化粧品グレードでは配合することが可能となります。

また、化粧品グレード(扱い)の商品は、「有効成分」として成分を表示することはできませんが、配合している全成分を表示しなければならないという決まりがあるため、内容を確認して安心して選ぶことができます。

これに対して、医薬部外品扱いの商品は、全成分の表示義務はなく、指定表示成分のみの表示だけでいいことになっています。配合されている全ての成分を確認できる訳ではないので消費者にとっては不安でもあります。

化粧品グレードとして代表的な育毛剤

医薬部外品扱いと化粧品扱いの育毛剤では一長一短ありますが、化粧品扱いとして開発すると配合できる成分の種類が多くなるだけでなくその濃度も規制が緩いため期待成分を高濃度で配合できるというメリットがあります。

化粧品グレードで代表的な育毛剤には、

ザスカルプ5.0c
フィンジア
バイタルウェーブ
・Deeper3D

などの男性用育毛剤

・ビアンド育毛剤

などの女性用育毛剤があります。

これらの育毛剤は、キャピキシルやピディオキシジルといった次世代の育毛成分と呼ばれる成分や成長因子など、近年話題になっている育毛成分を配合しています。

化粧品グレードの育毛剤は、医薬品やそれに準ずる成分に指定されているものでは含まないため副作用のリスクも少なく、安全で安心して使用することができるというメリットもあります。

たた、これらの成分を配合する育毛スカルプエッセンスは、原料の問題から一般的に高価となります。

関連記事

育毛剤を使用する際の注意点

育毛剤の使用期間 頭皮の中で髪が育ち、頭皮から髪の毛が生えてくるまでには、数ヶ月(一般的には最低3

記事を読む

医薬品の種類

医薬品の種類 医薬品は、大きく ・医療用医薬品と ・一般用医薬品 に分類されます。 医療用

記事を読む

浸透力の高い育毛剤

育毛剤の評価の一つに浸透力があります。 いくら優れた育毛成分を配合していても、その成分が届くべ

記事を読む

育毛剤の選び方

育毛剤や育毛サプリメント選びは以下の点がポイントとなります。 自分の薄毛の原因にあった成分を配合す

記事を読む

AGAに効果が期待できる育毛剤

日本の成人男性の3人に一人の実に1300万人の人が、薄毛や禿げ(ハゲ)で悩んでいるといわれています。

記事を読む

医薬品・医薬部外品・化粧品

医薬品、医薬部外品、化粧品については、その内容が日本の薬機法(旧薬事法)で定められています。 医薬

記事を読む

産後の薄毛に効果が期待できる育毛剤

女性の脱毛症の一つに分娩後脱毛症という脱毛症があります。 出産後、一時的に髪が抜ける脱毛症

記事を読む

生え際に効果的な育毛剤

生え際の薄毛 生え際の薄毛とは、おでこの中心部分を残して左右の生え際部分の髪が薄くなっていく症状で

記事を読む

シャンプーと育毛剤の相性

育毛剤の有効性はその効果をもたらす成分が頭皮内へ浸透、あるいは頭皮の奥底の真皮層にある毛乳頭や毛母細

記事を読む

育毛剤の副作用

現在、ネットや薬局・薬店などで販売されている国内製造の育毛剤は、一部の製品を除き、育毛成分として、で

記事を読む

男性用育毛剤
イクオス
イクオスの実力

育毛剤イクオスは、大幅なリニューアルを実施し、大きな進化を

女性用育毛剤
ベルタ育毛剤
ベルタ育毛剤の実力

ベルタ育毛剤は、BELTAブランドから発売されている女性専用

育毛サプリメント
イクオスサプリEXの実力
イクオスサプリEXの実力

イクオスサプリEXは、株式会社キーリーから

PAGE TOP ↑