白髪の原因

白髪ができるメカニズム

白髪ができるメカニズムは、医学的に解明できていない部分が多いのが現状ですが、現在わかっているメカニズムは以下の通りです。

髪の毛が製造された時点での髪の毛の色はみんな色がついていない無色の白い状態ですが、後に色素細胞(メラノサイト)でつくられたメラニン色素が髪に送られることによって髪の毛が着色されていきます。

白髪は、このメラニン色素の量が少ない髪の状態です。

メラニン色素には、
・褐色から黒色のユーメラニン
・黄色から赤色のフェオメラニン
の2種類があり、その組み合わせ・配分量によって色が決定していきます。

人種によってブロンドや栗色、黒色と髪の毛の色が異なるのは、これら2種のメラニンの配合量が異なるためです。

日本人の場合は、ユーメラニンの配合割合が高い為、黒髪となります。

このメラニンは、メラノサイト(色素形成細胞)で作られます。

メラノサイトは、髪の毛を製造する毛母細胞の近辺に存在し、毛母細胞が細胞分裂して髪がつくり出される際に、メラノサイトからメラニン色素が送り込まれて髪の内部(主にコルテックス部分)に取りこまれます。

メラニン色素は、もともと皮膚の中に存在するものではなく、血中を通して運ばれてきたチロシンという物質が、メラノサイトチロシナーゼによって変換されて作られます。

メラノサイト従って、メラノサイトがメラニンを作る機能が低下したり、着色する時に必要となるチロシンが不足したりすると白髪のリスクは高くなります。

白髪の原因

白髪の原因である
・メラノサイト(チロシナーゼ)がメラニンを作る機能の低下
・チロシンの不足
は、主に以下のようなものがあります。

遺伝

白髪は遺伝性が高いと考えられています。メラノサイトが生成したメラニン色素が髪に送り込まれにくい体質を遺伝で受け継ぐという見解もあります。特に、若白髪は遺伝性が高いと考えられています。

加齢

細胞は永久に分裂活動を繰り返す訳ではありません。加齢に伴う細胞の老化により、メラノサイトの機能は低下し、メラニンを作る機能は低下していきます。

また、メラノサイトがチロシンをメラニンに変換する際に必要となるチロシナーゼという酵素も加齢とともに減少していきます。

加齢とともに白髪が増えるのはこのためです。

病気

病気によっては、メラノサイトがメラニン色素を作り出す能力が低下して白髪の原因となる場合があります。また、服用する薬の副作用などの影響も関係してきます。この場合は、殆どが病気が完治すると元の黒髪に戻ります。

生活習慣

過度のストレスを受けたり、睡眠不足や運動不足、栄養不足などで、代謝が下がったり、自律神経が乱れたり、また成長ホルモンの分泌量が減少するとメラノサイト(色素細胞)の機能が低下して白髪の原因になる場合があります。

紫外線

大量の紫外線を浴びると活性酸素が発生し、DNAの損傷を招いたりコラーゲンを破壊したりすることがあります。

つまり、大量の紫外線を浴びるとメラノサイトの機能が低下して壊れた状態になったり、チロシナーゼの働きが低下してしまうといった可能性があります。

白髪対策は、紫外線対策も有効です。

関連記事

ヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクルとは? 毎日少しずつ成長している髪ですが、髪の毛にも寿命があります。 髪の毛は、

記事を読む

毛母細胞の働き

毛母細胞の働き 育毛剤に関するサイトや育毛に関する記事を拝見すると必ずと言っていいほど「毛母細胞」

記事を読む

つむじの悩みとその解消の仕方

つむじとは? つむじ(旋毛)とは、頭頂部付近にある髪の毛が渦状に生えている部分のことです。

記事を読む

頭皮の構造とその働き

頭皮の構造 頭皮は、外側(上)から、 ・表皮 ・真皮 ・皮下組織 の3つの層で構成されてお

記事を読む

毛乳頭の働き

毛乳頭の働き 毛乳頭は、髪の毛の付け根部分に位置し頭皮を張り巡らす毛細血管と直接接しています。

記事を読む

髪を太くする方法

髪の毛の太さ 髪の毛の太さは、民族や性別、年齢などによって異なります。 日本人の平均的な髪の

記事を読む

髪の基礎知識

髪の成分 髪の毛は、皮膚の一部が変化したもので、皮膚や爪と同じケラチンというたんぱく質で構成されて

記事を読む

髪の内部構造

髪の3層構造 下の図は、髪の毛の断面図です。 1本の髪は、3つの層に分かれていて、それぞれが

記事を読む

男性用育毛剤
イクオス
イクオスの実力

育毛剤イクオスは、大幅なリニューアルを実施し、大きな進化を

女性用育毛剤
ベルタ育毛剤
ベルタ育毛剤の実力

ベルタ育毛剤は、BELTAブランドから発売されている女性専用

育毛サプリメント
イクオスサプリEXの実力
イクオスサプリEXの実力

イクオスサプリEXは、株式会社キーリーから

PAGE TOP ↑