頭皮の構造とその働き

頭皮の構造

頭皮は、外側(上)から、
・表皮
・真皮
・皮下組織
の3つの層で構成されており、互いに協力しながら機能しています。これらの構造は頭皮に限らず肌全般について同じです。

頭皮の構造

表皮

表皮は、肌の最も外側にあります。表皮はさらに外側から
・角質層(角層)
・顆粒層
・有棘層
・基底層
と4つの層で構成されています。

角質層(角層)は、皮膚(頭皮)の一番外側にあって死んだ細胞の集まりです。角質細胞と細胞間脂質で構成されている厚さ約0.02ミリの層で、その薄さからサランラップに例えられることもあります。

基底層から細胞分裂によって押し上げられてきた細胞は、この層に来るまでに徐々に水分が失われていき、やがて角片となってはがれ落ちます。

角質層は、バリア機能を有し、細菌やウィルス、紫外線、化学物質などの外部の刺激から体を守ったり、内部の水分が蒸散しないよう保湿機能があり、内部を保護しています。

顆粒層(かりゅうそう)は、角質細胞になる前の段階のものです。角質層と同様に外部の刺激から体を守る役割を有し、特に侵入してきた紫外線等を跳ね返す働きがあります。

また、この顆粒層でNMF(自然保湿因子)や細胞間脂質(セラミドなど)がつくられ、角質層に放出されます。

有棘層(ゆうきょくそう)は、表皮4層の中で一番厚い層です。細胞間にはリンパ液が流れていて皮膚に栄養を与え老廃物の交換などを行います。

またこの層の中には、ランゲルハンス細胞という免疫細胞があり、免疫機能を有しています。

基底層(きていそう)では、ケラチノサイトの細胞分裂が最も活発に行われ、基底細胞から有棘細胞、顆粒細胞に変化しながら押し上げられ、最後に角質細胞となります。

また、基底層には、メラノサイトも存在し、外からの刺激によって皮膚の色を変えていきます。しみができるのはこの働きのためです。

基底層から角質層に至った細胞は、垢(老廃物)となって自然にはがれ落ちます。この過程を角化(ターンオーバー)と言います。ターンオーバーはおよそ28日ほどの周期で繰り返されています。

真皮

真皮は、表皮の下にあって皮膚(頭皮)の大部分を占めます。

コラーゲンという線維状のタンパク質がその大部分を占め、それをエラスチンが補強し、その隙間をゼリー状のヒアルロン酸などのムコ多糖類が埋めながら肌に潤いやハリ・弾力をもたらしています。

皮下組織

皮下組織は、表皮と真皮を支える働きをしています。

皮下組織には皮下脂肪が蓄えられ、外部刺激から骨などにかかる負担を和らげるクッションの役割をしたり、断熱・蓄熱といった機能で体温を一定に保持したり、また身体を動かすためのエネルギーとして消費されたりしています。

関連記事

毛母細胞の働き

毛母細胞の働き 育毛剤に関するサイトや育毛に関する記事を拝見すると必ずと言っていいほど「毛母細胞」

記事を読む

つむじの悩みとその解消の仕方

つむじとは? つむじ(旋毛)とは、頭頂部付近にある髪の毛が渦状に生えている部分のことです。

記事を読む

ヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクルとは? 毎日少しずつ成長している髪ですが、髪の毛にも寿命があります。 髪の毛は、

記事を読む

髪の基礎知識

髪の成分 髪の毛は、皮膚の一部が変化したもので、皮膚や爪と同じケラチンというたんぱく質で構成されて

記事を読む

毛乳頭の働き

毛乳頭の働き 毛乳頭は、髪の毛の付け根部分に位置し頭皮を張り巡らす毛細血管と直接接しています。

記事を読む

髪を太くする方法

髪の毛の太さ 髪の毛の太さは、民族や性別、年齢などによって異なります。 日本人の平均的な髪の

記事を読む

髪の内部構造

髪の3層構造 下の図は、髪の毛の断面図です。 1本の髪は、3つの層に分かれていて、それぞれが

記事を読む

白髪の原因

白髪ができるメカニズム 白髪ができるメカニズムは、医学的に解明できていない部分が多いのが現状ですが

記事を読む

男性用育毛剤
イクオス
イクオスの実力

育毛剤イクオスは、大幅なリニューアルを実施し、大きな進化を

女性用育毛剤
ベルタ育毛剤
ベルタ育毛剤の実力

ベルタ育毛剤は、BELTAブランドから発売されている女性専用

育毛サプリメント
イクオスサプリEXの実力
イクオスサプリEXの実力

イクオスサプリEXは、株式会社キーリーから

PAGE TOP ↑